プロフィール

雀葵蘭

Author:雀葵蘭
(きろう らん)
80~90年代のアニメ(※)や漫画に影響を受けて育ち
エンターテイメントの提供側になる事を夢見続ける
※沖縄在住

▼ホームページ
うらMIXわーるど

▽ツイッター
http://twitter.com/kirouran

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

アクセスカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

不定期雑記帖
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋼の錬金術師 第43話 野良狗は逃げ出した 感想
43

はああ……ええ展開じゃった……ええ展開じゃった……

OPとEDのためにビデオ撮りました。なかなか見れる機会ありませんが。




ホーエンハイムさんがついに登場。
ウィンリィが私がかわいいからずっとこっち見てる…と勘違い。
セントラルっ子のシェスカはリゼンブールのド田舎ぶりに呆然。
ホーエンハイム氏、ウィンリィに「サラ」と声をかける。それはウィンリィ母の名前だった…。

アルの語りが変わった…賢者の石手に入れたもんだから……びっくりした。ほんとつくり凝ってるよなぁ。
OPはTVに近づいてマスタング鑑賞しました(…)。

軍から逃げるのに必死なウィンリィとシェスカに萌え。
ホーエンハイムさんとんだボケキャラだった…。
眼が垂れてる…そういやエドも目つき悪くしてなけりゃ垂れてるもんなぁ…。

砂漠をひたすら歩くエドとアル。
アルは賢者の石になってからものすごく身体が軽いのだそうです。
不意にアルに触れたエドは賢者の石を発動させてしまい、二人して例の扉を垣間見てしまう事に。なにやら扉の向こうにはアルフォンスの身体のシルエットがありました。

あれ。アーチャー生きてた。身体半分近くもってかれて包帯ぐるぐる巻きだけど生きてるっぽい…なんて生命力だ。エドの作った壁で助かったんだな。
こりゃ機械鎧になるのかな。

エドたちが反逆者として軍に手配されてしまいました。
大佐は自ら捕縛に向かうことに。その際何かあれば処刑してよいとの許可も。
そしてエドとアルをどうにかできなかったら大佐が責任取らされることに。
ブレダ少尉が激しく反発してたりして、大佐組はほんまええ人ばかりやなあ…とじんときました。
任務にはアームストロング少佐率いる隊も参加。

大総統中央ご帰還列車の倉庫っぽいとこにはラストがサーベルに串刺しにされてはりつけられておりました。原作のグリードさんがされてたのラストにきたか…「あの方」のご意思無視して賢者の石錬成手助けしちゃったからかな。

ロックベル家にバカンス姿のブロッシュ軍曹とロス少尉がやってきました。
ブロッシュ軍曹が…休暇とって二人で遠くいくのにデートだと勘違いしたってことは……できてたんか(゜Д゜)!
シェスカに酷いめにあわされてる軍曹はいいなぁ。
ホーエンハイムさんは時間の感覚に疎いのだそうです。ウィンリィを本気でその母と間違えてたり。両親が戦争で本来ならば味方の軍に殺され、でも殺した人が悪い人というわけじゃなくてどうにもできないというウィンリィに、「哀しいね」と言う。
エドとアルが軍に追われてる事を伝えるロス少尉。ホーエンハイム氏が列車が通ってなかった頃使われてた川沿いの道を使って帰ってくるんじゃないかなと助言。列車が通ってなかったのはもう100年も昔の事。ロス少尉が訝しげにしておりました。
こりゃほんとにクセルクセスの生き残りなんですかのう…エルリック兄弟父……。
不老不死じゃなくなるための研究してたとか。

エルリック兄弟を追う大佐組。
やはり出世が一番なのかねーと大佐にちょっと不信感持ち始めたぽいファルマン准尉とかがいました(発言者間違ってたらすみません…)。
エドとアルをいちはやく発見したのはハボック少尉とフュリー曹長のコンビでした。銃を構えて投降を呼びかけるハボックに激しく抵抗するエド。
銃口に鋼の右腕を接触させて、鋼を貫けるもんならやってみろと挑発するエド。そして何かあって(なんだったか忘れた…)驚いて引き金を引いてしまったハボックは跳弾でその手をやられます。さらにフュリーの額を掠めてしまいます。
軍で良くしてもらってた人たちを明らかに傷つけてしまった事でなんかエドとアルがくがくぶるぶるしてました。

銃声を聞いてかけつけるほかの面々。
幸い命に別状はないようで。予告で危なそうなキャラは視聴者驚かせてるだけだと再確認できました。この調子で皆生きてくれよ…。
なんか大佐自らハボの手当てしてあげてた…?包帯巻いてあげてた…?ほんといい上司だなぁ…。
士官学校卒で戦場経験ありで慣れたものなんだろうなぁ。
大佐に胸ポケットちょっといいですか~というハボが状況に見合わないほんわかぶりでかわいかった。そして養生しろ、とマッチと煙草を自分の胸ポケットに没収する大佐に萌え。けっこういろいろ入ってるよね皆軍服のポケットの中に。
マッチにまたしてもYUKOの文字が。芝居のチケットといい…。
しかしハボよ…上司に煙草咥えさせてもらって火つけてもらう気だったのか…あんなへらへらと…。

そこへ暴走バイク(ぽいもの)に乗ったウィンリィとシェスカが現れ確保。

ウィンリィとシェスカをお縄にかけて引き連れ歩く大佐組。
あなたが軍に入れたくせに~とか私のお父さんとお母さんのときもこんなだったの~とかついにウィンリィがマスタングに噛み付いてしまいました。ついにきた…このエピソードに触るのを待ち遠しくしてた…。
医者の夫婦を殺してしまった事は物凄くトラウマのようで、中尉がその事に触れるのを激しく嫌がっておりました。アニメの中尉は過保護だなあー。ヒューズもだったけど…二人して大佐の傷を誰も刺激しないように守ってきたぽいな…。
シェスカが何言っても無駄ですよ、この人軍内での地位にしか興味がない人なんですから~とねちねち。大佐は振り返ることもなくひたすら無言で前進。

アームストロング少佐の部下が逃げるエドとアルに遭遇し捕まえようとしたら…
エド、どでかい岩玉を練成してアルと二人で曲芸よろしく転がし突進。
逃げ惑う兵士達…そして横から火花を飛ばし岩石を爆破するマスタング大佐。
ついに焔VS鋼が再び…。
大佐の焔に押されるエドですが、戦地は水場。波を錬成して大佐をびしょびしょに濡らし無能モードにして甘いぜ大佐とかいうエド。
だがしかし…
大佐の胸ポケットには先程ハボックから巻き上げたマッチ箱が!!
ま、まさかほんとにマッチで火つけて戦う日がオフィシャルで来るとは……シリアスなのになんだかおかしくてどうしようかと思ったよ。よくよく考えてみるとハボはジッポライター携帯のはずだけどまあ目を瞑るよ。
さらに少佐とのコンボ技を繰り出したりしてエドとアルをどんどん追い詰めていきます。戦場経験者というのは伊達ではないのです。しかも英雄と謳われるほどの手錬です。岩石の中の空気を圧縮して云々錬金術の講釈する大佐にイシュヴァールでも相当使えた手なんだろうなと吐くエド。
エドとアルの周りを塞いで追い詰めた大佐に、やめてと懇願するウィンリィ。ウィンリィの叫びで、大佐がとうとうこれまで閉ざしてた胸の内を語り始めました。

イシュヴァールでロックベル夫妻を軍の命令で殺さなければならなかったこと。もう二度と理不尽な殺しはしないと誓ったこと。上を目指している理由。ついにエドやアル、部下達、ウィンリィとシェスカの前でぶちまけてしまいました。
エドとアルを追っているのは命令だからではなく腹をたてているからだ!!と実は常に私情でしか動いていない大佐の素顔が。
何故私に保護を求めなかった…!!
これ…エドに平手食らわせて「もっと大人を信用してくれてもいいじゃない」と言ったロス少尉と似たような意味ですよね……あああ保護者大佐萌え……。

あああ……だめだよもう…かっこよすぎるよ……アーチャー大佐の回でちょっとこいつ大丈夫か…思ってたのもう気にならない男前っぷりだ!この遂に本音をエドたちに見せてくれた大佐万歳。胸にズギュンときた。かっこよすぎて感想かくのもそわそわしてあかんかったよ……そんなんだからえらい時間かかっちゃったよ感想にさ…。

前回の予告でエドの顔でちょっと作画不安でしたが見てみたら問題ありませんでした。大人キャラの作画が良かったです…ほんとに。

次回予告。
大佐組も少佐組もエルリック兄弟側のメインも皆リゼンブールに終結してほんと面白くなりましたね…面白すぎますよ…!
なんかシェスカとエドとウィンリィがマグカップもってなんか噴出してほのぼのしてたような気がする。次回エド、父親を殴る。の巻(違)。
大佐のほうがむしろ父さんなのか(ぇ)!?


あーほんと面白かった……。
もう4クールはずっとどんぐらなのかな~と心配してましたがちゃんと笑いも入ってて安心です~。おもしろかです~。

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kirouran.blog118.fc2.com/tb.php/61-d661aecd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。