プロフィール

雀葵蘭

Author:雀葵蘭
(きろう らん)
80~90年代のアニメ(※)や漫画に影響を受けて育ち
エンターテイメントの提供側になる事を夢見続ける
※沖縄在住

▼ホームページ
うらMIXわーるど

▽ツイッター
http://twitter.com/kirouran

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

アクセスカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

不定期雑記帖
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋼のの進行について:アニメ1/アニメ2を原作と比較
■話数
2003年版:サブタイトル:原作との主な違い
2009年版:サブタイトル:原作との主な違い

という形式です。

今作アニメが前作アニメをはしょりまくってると感じている方向け。

ヒューズ中佐のあの回までの流れを追います。

一話
2003年版太陽に挑む者:原作23話後半と1~2話に舞台設定や民族設定の変更含むオリジナル展開を加えた話。錬金術設定の根幹も変更。グロ成分アップ。
2009年版鋼の錬金術師:今後の展開に向けて伏線を盛り込んだオリジナルストーリー。原作に先駆けてヒューズ含む軍部メインキャラクター登場。

二話
2003年版禁忌の身体:原作1~2話、6話1シーンに舞台設定や民族設定の変更含むオリジナル(拘束エドや恋人の声で鳴くキメラなど)を加えた話。グロ成分アップ。
2009年版はじまりの日:原作21話冒頭、23話後半、24話の要約とオリジナルを繋げた話。ヒューズの出番追加。

三話
2003年版おかあさん…:原作9話を部分的に、21話冒頭、23話後半、24話前半にあたる内容を独自展開。凄惨さアップ。マスタングのキャラクターがとてもクールな大人に、行動理由の変更に伴い、ホークアイも同行しておらず勧誘シーンも異なる。
2009年版邪教の街:原作1~2話を要約してオリジナル(ロゼが銃を向ける場面など)で繋げた話。

四話
2003年版愛の錬成完全オリジナルストーリー。エドが事故で人殺しをしてしまう。
2009年版錬金術師の苦悩:原作5話のタッカー編からニーナやマスタング大佐の台詞を部分的にカット、オリジナル(父の言葉に目を輝かせるニーナや時計に執着するタッカーなど)を加えた話。原作に先駆けてグラン准将登場、死に様の変更。ヒューズの出番追加。

五話
2003年版疾走!機械鎧:原作4話の時系列を変えオリジナル(ヒューズとの共闘など)を加えた話。原作に先駆けてヒューズ登場、出番追加。
2009年版哀しみの雨:原作6~7話の要約とオリジナル(階段バトルなど)を繋げた話。タッカーに対するヒューズの反応など変更。

六話
2003年版国家錬金術師資格試験:原作18話後半~19話前半、24話後半にあたる内容を描くオリジナルストーリー。ヒューズ家とタッカー家登場、出番追加。ヒューズ家は他家族のイベントも代理実行。それに伴いウィンリィの活躍話はカット。エリシアが一年早く生まれ、エドと同じ誕生日に。
2009年版希望の道:原作8~9話の要約とオリジナル(ウィンリィの様子を気にするエドなど)を繋げた話。マルコーVSラストなどをカット。ヒューズがロイからエドへ伝言を預かっていない。

七話
2003年版合成獣が哭く夜:原作5話にあたる内容を時系列や人物の立ち位置含む変更を加えて展開。グロ成分、凄惨さアップ。エドが合成獣の死体を目撃してしまう。原作に先駆けて年齢と姿、右腕の設定が変更されたスカー登場。
2009年版隠された真実:原作10~11話前半の要約。ハクロ将軍の出番カット、恨むぜマルコーさんよぉ!の台詞追加など。

八話
2003年版賢者の石:過去が描かれていない原作キャラクターを用いたオリジナルストーリー。エドとウィンリィが殺されかけ、鋼の錬金術師の初手柄がバリー捕縛になる。ヒューズの出番追加。
2009年版第五研究所:原作11話後半、12話、13話前半の要約と14話の1シーン。ラストやエンヴィーの台詞カット、66の台詞カットと追加など。バリーは肉屋から料理好きのおやじに変更。ヒューズとマスタングの電話内容が微妙に変更。

九話
2003年版軍の狗の銀時計:原作3話の敵役に美少女キャラクターを追加。ラスボスの入れ物顔見せ。
2009年版:創られた想い:13話後半、14話、15話前半、16話後半を要約。病院でのギャグシーン、ヒューズ家へ向かうウィンリィ、エリシアのプレゼント修理シーンカット。アルが少年とロボットを見て疑念を深くするシーン追加。

十話
2003年版怪盗サイレーン:完全オリジナルストーリー。憲兵ではなく警察が出てくる。お色気回。
2009年版それぞれの行く先:原作15話後半、16話前半、61話の1シーンをほとんどそのまま。細々とした台詞、エンヴィーのヒューズ殺害時台詞カットと追加、ヒューズの最期の台詞変更など。ブックインフィギュアBLUEのおまけ漫画1シーンもアレンジして盛り込み。
------------------------------------------------------
幼児期から漫画原作アニメを見続けてきて思うのは、

週刊連載漫画アニメ…2話+アニメオリジナルでちょうどいいペース。
月刊連載漫画アニメ…1話+アニメオリジナルでちょうどいいペース。

FA10話は原作15話後半~16話前半と61話の1シーン+おまけ漫画活用なので適度なペース。
-------------------------------------------------------

ここから2003年版のみ。

十一話
2003年版砂礫の大地・前編小説版鋼の錬金術師・砂礫の大地を原作としたアニメオリジナル。

十二話
2003年版砂礫の大地・後編:小説版鋼の錬金術師・砂礫の大地を原作としたアニメオリジナル。アニメ独自の結末へ向けた伏線。
\\
十三話
2003年版焔VS鋼:番外編軍の犬、軍部祭り、おまけ4コマをオリジナル(軍部大移動や大佐のフラッシュバックや大佐がエドに勝てないなど)で繋げた話。原作に先駆けてグラン准将登場。ダークな人物に変更。ホークアイ中尉の微笑みなど優しい女性的な描写をカット。ヒューズの出番など追加。

十四話
2003年版破壊の右手:原作6~8話にあたる内容をアニメオリジナル展開。ヒューズやマルコーの出番など追加。

十五話
2003年版イシュヴァール虐殺:原作7~8話にあたる内容をアニメオリジナル展開。イシュヴァール殲滅戦の中身もオリジナル(賢者の石が主要国家錬金術師に配られた、マスタングが医者夫婦を銃殺したなど)マルコーの出番など追加。

十六話
2003年版失われたもの:原作7~8話の1シーンを独自展開に加えた完全オリジナルストーリー(エドの機械鎧が盗まれる、戦争で傷を負った老人との会話など)がメインの回。大佐がおしっこもれちゃうよ~と発言する。

十七話
2003年版家族の待つ家:原作9話と18話の1シーンをオリジナルで繋げた話。

十八話
2003年版マルコー・ノート:原作10話をオリジナル展開。スカーVSホムンクルスが図書館内へ舞台変更。ロス少尉がクールで厳格なキャラクターに。ギャグシーンカット。ヒューズやロスの出番など追加。

十九~二十二話
2003年版真実の奥の奥/守護者の魂/紅い輝き/造られた人間:原作9話ラスト、11~12話、13話前半にあたる内容を独自展開させたオリジナルストーリー。原作に先駆けてグリード登場。敵の目的やキャラクター設定が大きく異なる。キンブリー脱獄、グリード一味になる。ヒューズやロス少尉、スカー、キンブリー、グリード、48、アームストロング少佐らの出番など追加。

二十三話
2003年版鋼のこころ:原作13話後半、14話前半にあたる内容を独自展開。エリシアが4歳。プレゼントにネズミのおもちゃなし。エドとアルの仲直りにウィンリィが絡まなく、こじれたまま続く。

二十四話
2003年版思い出の定着アルとスカーが親睦を深めるオリジナルストーリー。アニメオリジナルのホムンクルス登場。

二十五話
2003年版別れの儀式:原作15話後半~16話にあたる内容をオリジナル展開。ヒューズがイシュヴァールの戦場に参戦していない。マスタングが過去に人体錬成理論を完成させている。マスタングとヒューズの上を目指すくだり、ヒューズの独自行動とその理由、ヒューズが気付いた内容とその後の行動、大総統秘書の存在と行動、マスタングの独自行動、ヒューズの最期の電話に出た人物、エンヴィーとの戦い、ヒューズの死に様、大佐は兄弟のこととなると平静を失うという設定、各変更事項に合わせたキャラクターの台詞、エドに手を振るヒューズの幻影などオリジナルがほとんどを占める。


------------------------------------------------
~原作でマース・ヒューズが動いている回~
6話(初登場:軍法会議所のヒューズ中佐)、7話、8話、10話、14話、15話、
59話(過去回想:ヒューズ大尉)、60話、61話

外伝・軍部祭り(エド推定14歳時)
ブックインフィギュアBULE・それもまた彼の戦場(イシュヴァール殲滅戦時)
------------------------------------------------

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kirouran.blog118.fc2.com/tb.php/215-d49ffa4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。